コラム

【必見】SBI証券の投資信託積立は三井住友カードでお得に!

 

SBI証券で投資信託の積立投資をしている方は必見です。

2021年6月30日からSBI証券と三井住友カードが連携し、クレジットカード払いで投資信託の積立ができる「投信積立サービス」がついに始まりました。

この投資信託サービスでは、毎月5万円の積立金を限度に0.5%分のポイントが付与されるというものです。

つまり三井住友カード経由で毎月5万円積立していけば、一月あたり250ポイント、一年では3000円のポイントにもなります。

本記事では新しく始まるお得な「投信積立サービス」について解説していきます。

三井住友カード(NL)

投信積立サービスの概要

まず初めに投信積立サービスの概要を詳しく見ていきましょう。

以下の図をご覧ください。

出所:SBI Holdings

 

ここでポイントなのが以下の4つです。

  1. ジュニアNISAは対象外
  2. 買付タイミングが毎月1日
  3. 積立申込金額は毎月最大で5万円まで
  4. クレジットカード決済の0.5%分のVポイントが付与される

ジュニアNISAは対象外

20歳未満のジュニアNISAで積立している方は残念ながら投信積立サービスの対象外です。

特定口座や一般口座で積立することによりVポイントを得ることはできますが、ジュニアNISAの最大の恩恵である非課税の効果が得られませんのでお勧め出来ません。

買付タイミングが毎月1日

今のところ複数回に分けての積立や他の日にちの積立には対応していないようです。

今後の改善に期待しましょう。

積立申込金額が最大で月5万円まで

最大の積立可能な額は月5万円までとなっておりますので、月あたり250ポイントが限度になります。

クレジットカード決済の0.5%分のVポイントが付与される

これが新たに始まる投信サービスの最大の魅力ポイントです。

積立金をクレジットカード決済することで決済額の0.5%分のVポイントが付与されます。

そしてそのVポイントはVポイントアプリを通してネットショッピングや、海外でお買い物することもできます。

Vポイントは使い道がグローバルなので有効活用できてGood。

Vポイントサービス

実は投信積立サービス以外にもマイレージサービスでVポイントを稼ぐ方法もあります。

マイレージサービスとは投資信託の月間平均保有額に応じ、一定の割合のポイントが付与されるというものです。

詳しくは以下をご覧ください。

出所:SBI Holdings

 

SBI証券は以前より、証券口座とTポイントカードを連携することでTポイントが付与されるマイレージサービスをしていましたが、三井住友カード経由で新たにSBI証券の口座を開設した場合、TポイントではなくVポイントが付与されることになります。

まとめ

本来であればSBI証券での積立投資はマイレージサービスによるTポイントの付与しかメリットがありませんでしたが、2021年の6月30日から三井住友カードとの連携の投信サービスが始まったことにより、積立金の0.5%がVポイントとして更に付与されることになりました。

クレジットカード決済するだけで無条件で毎月最大で250円分のVポイントが貰えるのは大きいですよね。

少しでもお得に効率良く積立投資をしていきたいと考えている方は、なるべく早いうちから準備しておくのがおすすめです。

>>三井住友カード(NL)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA