ETF

【米国株】おすすめのETF銘柄5選をまとめました

 

米国株でETFに投資したいけど、数が多すぎてどれを選んだらいいかわからない…

この様な疑問を抱えている方は多いと思います。

そこで本記事ではその様な方の悩みを解決するべく、米国株投資歴3年の私がおすすめしたいETFを厳選してきました。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事で紹介するETF
  • VWO
  • XSOE
  • ICLN
  • VTWO
  • BND

本記事ではVOOやVTI、VTなどのメジャーなETFの紹介は省いています。

VWO

まず私が一番おすすめしたいETFは、バンガード社が販売するVWOです。

VWOは中国を筆頭に台湾、インドなどの今急成長している新興国市場に分散投資しているETFです。

出所:バンガード社VWO紹介ページ

 

保有銘柄の上位には、台湾が誇る世界一の半導体メーカーTSMC、そして中国のテンセントやアリババなどの大手優良企業が名を連ねており、VWO一本でこれらの企業に簡単に投資できるわけです。

出所:バンガード社VWO紹介ページ

 

パフォーマンスとしては、2020年に約25%と驚異的なリターンを叩き出しました。

出所:バンガード社VWO紹介ページ

 

私は今後の新興国市場の成長率は先進国を上回ってくると考え、実際にVWOに投資しています。

米国だけでなく、外にも目を向けて投資を考えている方におすすめなETFです。

VWOの詳細を知りたい方は是非こちらをご覧ください。

新興国市場に投資したいならETFのVWOがおすすめですまずVWOとは?構成銘柄は? VWOとはバンガード社が販売している新興国市場に分散投資しているETFです。 ポートフォリオの5割近く...

XSOE

VWOと似ていますが、XSOEも私のおすすめのETFの一つです。

XSOEはウィズダムツリー社が販売している新興国市場に分散投資しているETFで、VWOと大きな違いは韓国にも投資している点です。

出所:Bloomberg

 

XSOEについて詳しく知りたい方は、VWOと比較した記事があるのでそちらを参考にしてみてください。

新興国市場に投資しているETFのXSOEをVWOと比較してみたXSOEとはウィズダムツリー社が販売している新興国市場に分散投資している2014年の12月に運用が始まったばかりの比較的新しいETFです。構成銘柄の上位にアリババ、テンセント、TSMC、サムスンといった大手優良企業があるのが特徴で、...

ICLN

3番目にICLNを紹介します。

今世界では、石油や石炭などから放出される炭素エネルギーが与える地球温暖化への懸念から、それらを生み出さないとされる太陽光や水力、風力などの自然エネルギーが注目されており、多くのクリーンエネルギー関連の企業の株価が急上昇しています。

ICLNは一本でこれらのクリーンエネルギー関連の企業に分散投資できるETFです。

2020年にはICLNの株価は約3倍と大幅に上昇しましたが、2021年に入ってからは停滞している印象です。

しかし長期で投資を考えているならば、クリーンエネルギーへの投資は理に適ってると思い、今回のおすすめETFの一つとして紹介しました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

クリーンエネルギーに投資しているETFのICLNを解説クリーンエネルギーに分散投資するならICLNがおすすめかもしれません。本記事では構成銘柄を含む解説、経費と配当利回り、そして今後注目のポイントについてまとめました。...

もしクリーンエネルギー関連の他のETFにも興味のある方は、こちらの比較記事にてまとめていますので、併せてどうぞ。

クリーンエネルギーに投資している時価総額TOP3のETFを比較クリーンエネルギー関連の企業に分散投資しているICLN、PBW、そしてQCLNの三本のETFの各ファンドの構成銘柄を含む解説、更にパフォーマンスや経費率と配当利回りの比較をしてまとめました。...

VTWO

次に米国の小型株指数のラッセル2000に連動しているVTWOを紹介します。

ラッセル2000とは米国市場の時価総額1001〜3000位の株、いわゆる小型株の代表的な指数で、2020年にはS&P500連動のVOOを大きくアウトパフォームしたことが巷で話題となりました。

今回私がVTWOをおすすめする理由として、大型株指数より小型株指数の方が過去30年間の傾向よりパフォーマンスが良いからです。

しかし一つデメリットとして、VOOよりボラティリティが高く、安定性が劣る点です。

上のグラフより、コロナショック時にVTWOの方が下落度が大きい事が見て取れます。

なのでVTWOはポートフォリオのリスクヘッジや、長期保有での大型株を上回るパフォーマンスを期待したい方にはおすすめしたいです。

興味のある方は是非こちらの記事をご覧ください。

【米国株】小型株に分散投資しているETFのVTWOについて解説僅か10ヶ月間で株価が2倍にもなっている、ETFのVTWOをご存知ですか?VTWOは米国の代表的な指数の一つラッセル(russell)2000に連動していて、今巷で人気を集めているETFです。...

BND

最後におすすめしたいETFはBNDです。

BNDは他のETFとは異なり、企業の株に投資しているわけではく、国や企業の債券へ投資しています。

特徴として株価の値動きが比較的穏やかで、利回りが2%越えと高めになっており、低リスクで、且つ長期で資産を運用したい人に向いています。

下のNYダウ指数とBNDを比較してみれば、どれだけBNDの値動きが安定しているか一目瞭然です。

しかし、値動きがの幅が狭いあまり、大きな利益を得ることはできない事はデメリットかもしれませんが、反対に大きく損することも少ないのがBNDの良い点だと思っています。

BNDはディフェンシブな投資スタイルの方や、資産が乱高下したら困る高齢者の方におすすめしたいです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

米国債券へ分散投資しているBNDの解説米国株式はともかく、債券について考えたことのある方は少ないのではないでしょうか?本記事では米国債券へ分散投資しているBNDについて解説します。...

まとめ

本記事ではおすすめのETFとして、VWO、XSOE、ICLN、VTWO、BNDを紹介しました。

この中からあなたが投資したいと思えるETFが見つかれば嬉しいです。

最後に、米国株式を取引するのにどの証券会社の口座で取引すれば良いか悩んでいる方はこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

余計な点は省いて要点だけ押さえて解説してあります。

米国株式の取引におすすめな証券会社3社を要点を押さえて紹介米国株を取引したいと思ったけれど、どの証券会社で口座を開いたら良いかわからない。そんな方の解決になればと、私が実際に利用している三つの証券会社について要点を押さえて解説しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA