コラム

【SBI証券】外貨積立で為替手数料がお得に!?画像付きで解説!

 

米国株式を取引する前に必ずかかる為替手数料。

「できればその手数料をなるべく抑えたい…」

という方向けの記事です。

一般的に証券口座上で円→ドル、ドル→円にするときは1ドル当たり25銭の為替手数料が発生します。

つまり1往復で1ドルあたり50銭も手数料で取られることになります。可能なものなら手数料を抑えてその分投資に回せたら…と思いますよね。

実はSBI住信銀行で外貨積立をした後、その外貨をSBI証券に振り替えることで、為替手数料を4銭まで抑えることができるんです。

本記事ではその方法について、画像付きでわかりやすく解説していきます。

STEP1:SBI住信ネット銀行の口座開設をする

まず前提としてSBI住信ネット銀行の口座開設をする必要があります。

開設方法についてはSBI 住信ネット銀行のウェブ上に全て載っている為、ここでは割愛します。

>>SBI住信銀行口座開設ページ

 

SBI証券の口座も持ってないよ。という方はまずSBI証券の口座の開設をしましょう。

>>SBI証券

STEP2:ドル買付方法

では次に口座開設後の初めのステップとして、SBI 住信ネット銀行にログインし、上に並んでいる商品・サービスを選択してください。

そうすると下のような画面が表示されますので、次に外貨預金という項目をクリックします。

次に購入したい米ドル/円を選択します。

選択後は下のような画面に切り替わりますので、出金口座と入金口座を指定します。

SBI住信ネット銀行には代表口座 米ドル普通という項目で米ドル口座が用意されてますので、入金口座にそちらを指定します。

次に買付金額を円指定、又は米ドル指定で選択します。

米ドル指定を選択すれば、口座内の日本円の額以内で指定した金額のドル分交換できます。

私は外貨預金する時は円指定にしていますが、好きな方を選んでいただいて問題ありません。

最後に取引パスワードを入れたら購入確認画面に切り替わり、ドルの買付をすることができます。

これで1ドルあたり4銭の手数料でドルを買付することができました!

次のSTEPでは、SBI住信ネット銀行の口座内の先ほど購入したドルをSBI証券に移動する方法を紹介します。

STEP3:SBI住信ネット銀行のドルをSBI証券へ移動する

SBI 住信ネット銀行のドルをSBI証券へ移動するために、まずSBI 証券にログインしましょう。

ログイン後は右上のタブの入出金・振替を選択し、その中の外貨入出金を選択します。

下の画面が表示されたら米ドルを選択し、先ほど買付したドルの金額を振込金額に入力したら取引パスワードを入れて完了です。

これで簡単にSBI証券の米国株式口座にドルが移動できました!

まとめ

以上の簡単な過程でドルを1ドルあたり21銭安く買い付けることができました。

SBI証券とSBI住信ネット銀行を開設するのが前提になりますが、今後も米国株式投資をする上で定期的に円からドルへと為替手数料が発生することを考えれば、なるべく早い内に始めた方が為替手数料が抑えられ、その分投資に回せて、より効率よく利益が出せるようになると思います。

SBI証券とSBI住信銀行を利用して、賢く為替手数料を抑えていきましょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA