コラム

SBI証券での積立のやり方は?画像付きで分かりやすく解説!

 

将来の貯蓄の為にSBI証券で積立投資を始めようと思ったけど、方法が分からない…

そんな方の疑問に答えます。

 

本記事では口座開設をしたばかりで何も分からない方でも理解できるよう「はじめから積立投資を始めるまで」の手順を画像付きで分かりやすく解説していきます。

とても簡単ですので、ぜひ参考にして見てください。

STEP①投資信託のページにアクセスする

まず初めにログインを済ませましょう。

そしてログイン後にSBI証券の上の方に表示されているかタブから投信を選択します。

 

選択後は以下のような画面に切り替わります。

既に何の投資信託で積み立てるか決めている方は、画面左側の投資信託を探すから検索しましょう。

それ以外の方は、画面中央下部の投資信託ランキングから、あなたの希望に合った投資信託を探しましょう。

投資信託の選び方がよく分からない方は

何を積立したら良いか全く分からない方は以下の二つの投資信託がおすすめです。

おすすめ投資信託
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

 

以上二つはどちらも米国株式を主とした投資信託で、運用コストも低く、長期投資に向いています。

過去の株価の値動きが気になる方は、一度自分の目で確認してみてください。

STEP②積立買付をする

積立したい投資信託を選択すると、以下のような画面になりますので、株価の下の積立買付という端が緑色のボタンを選択します。

 

選択後は以下の4つの項目を埋めていきます。

  • 預かり区分
  • 積立コース選択
  • 金額・日付の設定
  • ボーナス月設定

預かり区分

普通に積立をしていきたいと考えている方は特定預かり/一般預かり、NISA口座で積立していきたい場合はNISA預かりを選択します。

NISAは一年間の内に120万円まで非課税で取引すること可能なので、特別な理由がなければNISA口座での積立がおすすめです。

つみたてNISAとは異なります。

特定預かりは確定申告が不要な口座で、一般預かりは一年間の損益額を自分で計算し、確定申告が必要になる口座です。特に要望がなければ、特定預かりを選択するのが一般的です。

積立コース選択

積立コース選択では「どのくらいの頻度で買付を行うか」を設定します。

もし1月の内で複数の日にちに分けて積立投資をしたい方は、複数日を選択しましょう。

金額・日付の設定

ここでは毎月積立てていきたい金額と、日にちを選択します。

 

預かり区分でNISA預かりを初めに選択した方は、合わせてNISA枠ぎりぎり注文設定課税枠シフト注文設定を選択しておきましょう。

ボーナス月設定

毎月の積立投資以外に、ボーナス月にプラスで投資したい方は設定をしておきましょう。

 

ボーナス月まで設定を終えれば、後は取引パスワードを入力して設定完了です!

お疲れ様でした。

Tカードと連携しよう

最後に一つ忘れてはいけないことがあります。

それがSBI証券とTポイントカードの連携です。

SBI証券では投信マイレージという投資信託の保有額に応じてTポイントが付与されるサービスがあります。

 

投資信託の保有額が1000万円未満の場合は0.1%、それ以上の場合は0.2%なので、積立額が大きくなればなるほど、ポイント付与での恩恵を大きく受けれるわけですね。

投資信託の種類によってポイント付与率は変動します

詳しくはSBI証券のページでご覧ください。

6月30日から始まったVポイントについて

2021年の6月30日よりSBI証券と三井住友カードが連携して、クレジットカード決済で積立することができるようになりました。

毎月最大5万円まで積立可能で、決済額の0.5%が付与されます。

詳しくは以下の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

【必見】SBI証券の投資信託積立は三井住友カードでお得に!SBI証券と三井住友カードが連携し、クレジットカード決済でお得にポイントが貰える投信サービスが始まりました!知らないと損です。...

まとめ

本記事の簡単な手順で、SBI証券で積立投資を簡単に始めることができます。

一つだけ注意点として、積立に必要なお金が口座に入っていないと、積立投資が一時停止になってしまいます。

なので、前もって入金は忘れずにしておきましょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA