ETF

【米国株】高配当狙いならETFのVYMがおすすめです

 

近年、配当金生活やFIRE(早期リタイア)を実現する為に、多くの投資家たちがこれまで以上に高配当株を買い漁る傾向が強まってきているように感じます。

配当金は株を保有しているだけで定期的に口座に簡単に振り込まれる為、誰でも簡単に収入(不労所得)を得ることを実感できるのが良いですよね。

ですが、高配当株とはいっても、一つや二つだけではなく、数え切れないほどあります。

ではどれを買えば良いのでしょうか?

そこで私がおすすめしたいのが、低コストで定評のあるバンガード社が運用しているVYM(バンガード米国高配当株式ETF)です。

ETFは簡単に言えば、多数の企業の株が一つになったようなものです。なのでVYMを買付するだけで、多数の高配当企業に分散投資することができ、リスクも分散できます。

 

本記事では以下について焦点を置きながら解説していきます。

  • VYMとは
  • 構成銘柄
  • 配当利回りと経費率は?
  • 株価とパフォーマンス
  • なぜVYMがおすすめなのか

VYM(バンガード米国高配当株式ETF)とは

VYMとは、バンガード社が運用しているアメリカの高配当企業の約410社で構成されたETFです。

VYM一本でアメリカの高配当企業に簡単に分散投資できるので、個別株を一つ一つ吟味して買い漁る必要はなく、管理も楽なので、多くの投資家たちから人気を集めています。

構成銘柄

VYMはただ高配当の企業の株を集めただけのETFでなく、安定した大手企業で構成されているのが特徴です。

出所:Bloomberg

 

例えば、保有銘柄一位のジョンソン・エンド・ジョンソンはヘルスケア業界では最大手であり、2位のJPモルガンは銀行業界最大手です。

VYMのポートフォリオを見る限り、大手の優良銘柄で構成されているから、比較的値動きの荒い中小企業よりも安心感はあるね

配当利回りと経費率

ETFに投資するにあたり、配当利回りだけ確認するのではなく、保有しているだけで差し引かれる経費率の高さを事前に確認しておくことはとても重要です。

そこで、VYMの配当利回りと経費率を表にまとめました。

2021/3 VYM
経費率(%) 0.06
配当利回り(%) 3.05

配当利回りは3%を超えていて、ETFの名通り高配当となっています。

3%も配当利回りがあれば、投資金が100万だとして、年で3万円ほど配当金がもらえることになります。(株価の値動きや税金、経費の計算は除く)

 

そして経費率は0.06%とかなり低コストで、長期保有しても全く気にならない程度です。

 

配当利回りは高く、経費率は低い!

株価とパフォーマンス

高配当株って配当金が高いのは魅力的だけど、株価の暴落が怖いなぁ…
うん、そうだね。確かに高配当株は暴落した後の立ち直りが弱い傾向があるから、リスクは少し高めになるね。

折角、高配当がもらえても、株価が下がりすぎて元本が割れてしまったら元も子もないので、コロナショック後の株価がどうなっているか。一緒に見ていこう。

2020年の3月にはコロナショックで株価は大きく下落してしまってるけど、そこからは順調に持ち直して過去3年では最高値に達しているみたい。

VYMは比較的不安定な中小企業ではなく、安定した大企業で構成されているから、元々人気のあった割安大型株が順調に買い戻されていることが起因してるかもね。

暴落は怖いけど、株価の立ち直りも良さそうだから長期投資を見据えての投資なら良いかも!

なぜVYMがおすすめか

高配当を謳っているETFはVYMだけではなく、HDVやSPYDといった別のETFも存在します。

これらもVYMと同じように多くの投資家たちから人気を集めています。

ではなぜ、HDVでもSPYDでもなく私はVYMがおすすめするのか?

その理由は経費率にあります。

あまり大きな差こそありませんが、表にまとめてみましたのでご覧ください。

2021/3 VYM SPYD HDV
経費率(%) 0.06 0.07 0.08

三つのETFを比較してみたところ、VYMの経費率が最安であることがわかりました。

0.01〜0.02%程度の差しかないけど、経費は安いに越したことはないしね。

 

もちろん、これらのETFは全て投資先が同じでもなければ、保有率も同じではありません。

「結局どの株が上がるかなんてプロのアナリストでも分からないのだから、それなら一番経費の安いETFで運用しよう」

というのが私の考えです。

なので特に保有銘柄にこだわりがなく、ただ「高配当株に投資をしてみたい」という方には一番経費率の低いVYMをおすすめしたいです。

まとめ

VYMは高配当を重視しつつも、信頼度の高い大企業の株で構成されているため、値上がり益も期待できるETFです。

さらに経費率も0.06%と低く、運用する上であまり負担にならず、配当金狙いの比較的安定した投資を考えている人にはおすすめです。

もしあなたが

「高配当銘柄でポートフォリオを組みたいけど、何買ったら良いか分からない。」

と迷っているのであれば、本記事で紹介したVYMを検討してみてください。

VYMを取引するのにおすすめな証券会社

VYMを積み立てしていきたいと考えている人にはPayPay証券がおすすめです。

PayPay証券では一株単位でなく、1000円単位で投資することができるので、投資金が少ない人でも積立投資を始めることができます。

さらに、つみたてロボ貯蓄というサービスを使うことで、毎月一定額の積立投資の自動化も可能です。

そうしたら後は入金して放置するだけでVYMに簡単に投資できますよ。

ぜひ試してみてください!

 

米国株増配率の調べ方
【猿でも分かる】米国株増配率の調べ方米国(アメリカ)株増配率の調べ方を画像付きで分かりやすく解説します。誰でも簡単にできますよ!...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA