ETF

アメリカの航空株に分散投資しているJETSについて解説

 

アメリカの航空会社に分散投資しているJETSというETFをご存知ですか?

航空会社に投資したいけれど、沢山あってどれに投資したらいいかわからない…

そんな方におすすめなETFが今回紹介するJETSです。

しかし、JETSは米国株を取引できる主要の国内証券会社では取扱を行っておりません。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • DMM 株

 

「ではどうしたら、JETSに投資できるのか?」

「又は、他に航空株に投資できる良い方法はないのか?」

その点も合わせ、本記事で解説していきます。

JETSとは

JETSとはアメリカを主とした航空会社に分散投資しているETFです。

特徴として、ポートフォリオの地域構成はアメリカが約8割、残りがアジアとヨーロッパの航空会社で構成されています。

出所;ETF DATABASE

構成銘柄について

JETSはアメリカ以外にも世界的に分散投資していますが、最大の特徴は、アメリカの航空会社の大手4社の保有割合が一番多くなっており、それだけでJETSの保有率の40%を占めている点です。

出所:bloomberg

 

アメリカの大手航空会社4社(時価総額順)
  1. サウスウエスト航空
  2. デルタ航空
  3. ユナイテッド航空
  4. アメリカン航空

なので、JETSの株価の値動きはこの4社に大きく左右されることになります。

経費率と利回り

JETSの経費率と利回りについて表にまとめました。

2021/2 JETS
経費率(%) 0.60
直近配当利回り(%) 0.03

 

経費率は約0.60%と比較的高めですが、他に航空株のETFがないことを考慮すれば許容範囲かもしれません。

そして直近配当利回りですが、0.03%しかないことがわかりました。実質ほぼゼロですね。

なので、JETSに投資しても配当は期待できそうになく、その上、株価が右肩上がりでなければ経費も嵩んでしまい、あまり魅力的ではないように思えます。

JETSへ投資するメリット

JETSへ投資する最大のメリットは、JETS一つでアメリカだけではなく世界の航空会社に分散投資できる点です。

実は航空会社だけを集めたETFはJETSしかなく、他に代わりのないただ一つのETFです。

なので、どの航空会社の株を選んだら良いか分からない方にとっては魅力的な投資対象になります。

JETSに投資すれば、個別の航空株を選んで買い漁ったり、管理する必要もないので楽な点もメリットです。

 

次にJETSに投資する方法を紹介していきます。

JETSに投資するには

JETSは冒頭でも述べたように、

  1. SBI証券
  2. マネックス証券
  3. 楽天証券
  4. DMM 株

では取り扱われていません。

ですが、私がJETSを購入できる証券会社はないか探してみたところサクソバンク証券であればCFD取引できることがわかりました。

CFDは現物取引とは違い、レバレッジをかけた運用方法になります。

なのでどうしてもJETSに投資したいのであれば、サクソバンク証券の口座を開設する必要があります。

>>サクソバンク証券公式ページ

サクソバンク証券は取扱銘柄数が6000以上と豊富。国内証券会社で取り扱っていない銘柄も多数あるので、幅広く投資したい方にはおすすめの証券会社です。

JETSを購入する以外での航空株への投資方法

「新しく証券口座を開設するの以外で何か他に良い方法がないのだろうか…」と考えている方はJETSに投資することを諦め、JETSの上位銘柄を個別で買付することをおすすめします。

例えば、JETSの上位銘柄の4社はいずれもアメリカの大手航空会社で、個別の株価も50ドル前後、又はそれ以下と低く、小資金の投資家でも買付しやすいので、JETSを買わずとも自分でポートフォリオを組むことができます。

更に、JETS運用にかかるETFの手数料もかからないので、主要の航空株のいくつかに分散投資できれば良いと考えている方にはぴったりです。

でもアメリカの大手航空会社の4社の株をてきとうに買うのもあまり納得がいかない…

そんな方は以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

アメリカの航空株を買うならどれ?大手4社で比較アメリカの航空株を買うならどれか?各航空会社の財務健全性と割安度を比較し、私のおすすめの航空株を紹介しています。...

上記であげた4社の財務健全性、営業利益率、割安度の三つの項目を比較しているので、あなたの特に投資したい航空株が見つかるかもしれません。

まとめ

JETSは世界の航空株に分散投資できる、ただ一つのETFです。

JETSをどうしても取引したいのであれば、サクソバンク証券の口座開設をしておきましょう。

もし新しく口座開設を考えていない方は、JETSの上位構成銘柄をいくつか買付することでJETSの代用も可能です。

あなたの希望にあった方法で航空株に投資してみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA